主要スマホゲーム株価、ポケモンGOの影響は!? 任天堂株価

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ポケモンGOの海外での大人気を受けて、任天堂の株価は急上昇、反面スマホゲーム競合各社は軒並み株価を下げています。ポケモンGO日本版リリースまでの暇つぶし、株価情報です。


主要スマホゲーム提供会社の株価推移

7月15日14:00現在、ポケモンGO日本版はまだリリースされていませんが、任天堂復活に対する市場の期待が株価に反映されています。

記事内の株価チャートは最新のチャートを反映しているので気になる銘柄があれば、7月中旬ごろの推移を見てみて下さい!

※記事の内容は7月15日14:00現在の状況をもとに記載しています。

≪7974≫ 任天堂

まずは、主役の任天堂。株価は7月11日あたりから爆上げしています、3月17日にMiitomoがリリースされた際とは投資家の反応が段違いです。

世界的なポケモンGOの人気を盤石なものとし、wii景気で沸いた2007年11月に記録している70,000円の株価にどの程度迫れるかが注目されます。

≪2121≫ ミクシィ

パズドラと比較すると後発ですが、今やNo.1スマホゲームとして絶大な人気を誇るモンスターストライクを展開するミクシィ。

スマホゲームとして真っ先に思いつく銘柄のためか、株価は大きく下がっています。

≪3765≫ ガンホー・オンライン・エンターテイメント

モンストと対をなす2大勢力、パズドラ擁するガンホーは、ミクシィほどの“下げ”は見られません。ガンホー株は私も保有していますが、少額なのでこのところ全くチェックしていなかったですね。

創成期にガンホー長者を生み出した衝撃を再び呼び起こせるか・・!

≪3668≫ コロプラ

コロプラも株価を下げています。個人的に白猫プロジェクトにはあまり興味がありませんが、思ったより株価は頑張っている印象です。

そもそもコロプラは、スマホの位置情報サービスでは他社を先行していたはずでしたが、「任天堂×Google」の超強力タッグの敵ではなかったようですね。

≪9684≫ スクウェア・エニックス・ホールディングス

みんな大好きスクエニは一時的に下げてはいても株価推移は良好です。

ドラクエスーパーライトFF ブレイブエクスヴィアス星のドラゴンクエストなどの主力スマホゲームだけでなく、9月30日発売のFF15はかなりの売り上げが期待でき、簡単には株価を下げないようです。

個人的には一番応援しています!家庭用ゲームファンとしてパッケージ購入して支えます!

≪4751≫ サイバーエージェント

スマホ界のエース、グラブルを提供するサイゲームスは未上場のため、親会社のサイバーエージェントの株価を見てみます。

サイバーもポケモンGO関連のタイミングで下げてはいますが、全体的な株価は好調のようですね。本業のネット関連サービスの業績が株価に表れているイメージです。

≪3938≫ LINE

本日(7月15日)、投資家たちの期待を一身に背負って(?)上昇したLINE。

スマホゲームとしての括りで判断して良いかは微妙ですがツムツムなどで幅広いゲームファンを開拓している現状最強のソーシャルプラットフォームの株価推移も気になるところです。

まぁ、あんまりポケモンGOとは関係ないかな。

暇すぎてポケモンGOのサービス自体からは、だいぶかけ離れた内容の記事になってしまいました。

はやく日本版リリースしてくれーー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply