ポケモンGO 日本版、7月15日にもリリースか??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

リリース直後から海外で爆発的な人気を得ているポケモンGO。海外での珍事件や任天堂の株価上昇が話題にあがっています。そのポケモンGOの日本版リリースが7月15日ではないかとの速報が入ってきました!これは楽しみだー!


日本版リリースは7月15日が濃厚?

海外ツィートからの情報として、ポケモンGOがアジア圏において48時間以内になんらかのアクションを起こすと報じられています。

対象のツィートの投稿日時は7月13日18時なので、7月15日中になにか進展がありそうですね。

「アジア」を「日本」と捉えてよいか?との疑問はありますが、いずれにせよワクワクが止まりません!

もし、15日に日本版リリースとなれば、16日・17日・18日の3連休はポケモンGOにどっぷり浸かるユーザーが日本中に溢れそうです!

→ポケモンGOの日本配信は、7月22日となりました。(7月22日記述)

課金でスタートダッシュ!or無課金コツコツ派?

ポケモンGOにはいくつかの課金要素があることが判明しています。

(ポケコインという有料ゲーム通貨で、アイテムなどを購入できます)

どこぞのソシャゲ会社とは違う、良心的な課金バランスが期待され、無課金でも楽しみながら遊べるサービスとなるといいですね。(任天堂が参画しているので、課金を過度に煽るようなサービス展開はないとは思われますが、、)

リリース直後から課金することで、有利にゲームをスタートできることは間違いないので、お金はあるけど時間がない社会人の中には、重課金者も続出しそうです。ちょうど30代ぐらいはポケモン第一世代にあてはまりますし。

課金者と無課金者、共に楽しめるサービスとして、どのようなパワーバランスを取ってくるのかも注目点となりそうです。

ゲームの舞台は屋外、準備は大丈夫?

ポケモンGOでは屋外を歩きながら散策し、さまざまなポケモンをゲットするゲーム内容となります。家の外に積極的に外出する人が増え、外食産業や地方産業などを中心に経済効果も期待できそうです。

肥満が問題視されている海外では、運動をする良いきっかけとして、ポケモンGOに好意的な意見もあるようです。

夢中になりすぎてクタクタになるまで歩いてしまうなどの体力面は自己責任だとして、ヘビープレイヤーとしては長時間の屋外探索に耐えうる「モバイルバッテリー」と「モバイルwifiルーター」は必須アイテムとなりそうです。

目指すポイントの目前でスマホの充電切れなど、悲しすぎますからねー。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply